CATEGORY 毎月更新の特集記事

知っておきたい「正座・着座」の礼法

デジタル化した現代だからこそ知っておきたい武士の心得 小笠原流礼法とは、約700年前の室町時代に確立した武家の礼法。いわば武士の百科全書のようなものです。「武士の時代は封建制度の下、上下関係が非常に厳しく、一つ過ちを起こ…

東京大会 (2018/10/13~14)

東京大会が行われました。定期的に行われる大会が初心を思い出す良いきっかけとなっております。徐々に無料体験にいらしてくれる方が増えてきました。本当に嬉しい限りです。居合道がみなさんの身近な存在になるよう尽力します。   「…

稽古で使う居合刀の選び方

昔は居合道の稽古は日本刀即ち真剣にて稽古をしていたそうですが、近年は初心者の稽古用として模擬刀を使用します。四段くらいになると真剣を購入し、稽古に真剣を使っている人も多く見られます。六段からは真剣を扱い、昇段審査も真剣で…

居合道の「業」って何?

居合道の「業」の意味とは? 無双直伝英信流の業には約70の「業」があり、それぞれに理合(業の意味)があります。業を覚えていくことで、居合道の初学伝、『居合道の意義・目的・要目・心得・業の掟』を平行して学んでいきます。心得…

自分と向き合う時間が作れる居合道!?

古武道の中の居合道は、日本の土壌で培われた修身を身につける道徳です。自身の行いを正しくするように努めるには、自分と向き合うことが大切になります。居合道の稽古の相手は自分です。自信で相手をイメージすることで、自分と向き合う…